グリーンラッシュ

What’s happening in America!?

今、アメリカで何が起こっているかご存知でしょうか?

2018月、アメリア食品医薬品局(FDA)が子供の難病である癲癇(てんかん)の薬として、麻から抽出したCBD成分を使った医薬品を許可しました。これにより、多くの子供達が助かっています。

また、世界中の科学者や医療関係者、並びにCBD専門家達によるCBDのリサーチや研究が次々と報告され、CBDという成分の更なる可能性に、今、世界が注目しています。

更に、201812月、アメリカ合衆国大統領が、今まで禁止されていた商業用ヘンプ(CBDが抽出される植物)の栽培と収穫を合法化し、867億円の予算を投じる法案(Farm Bill)に正式に署名しました。

これは、世界的なCBDの急成長の波に乗り遅れない為に、アメリカ政府が急遽、方向転換をしたものです。その結果、今アメリカでは『グリーンラッシュ』が沸き起こっております。大麻草に対して非常に慎重だったアメリカ政府が許可したことは、CBD産業への爆発的成長の扉を開けたことになります。

『アメリカの今は、日本の未来』

2020年、いよいよ『グリーンラッシュ』が日本のウェルネス業界でも始まります。CBDは、ウェルネス産業の成長を加速する今もっとも有望視されている有用成分です。日本でも一人でも多くの方々にその恵が届きますよう願っております。

※日本では、THC(精神作用)0%のCBDアイソレートのみ合法です。詳しくは、「CBDの可能性」をご覧ください。